コンストラクション

設置工事に関しては、メーカーの施工手順に沿って施工する事は当然ですが、弊社ではClassNKプロジェクト認証の構成モジュールを元に、どのメーカであっても統一した施工を手掛けます。
(オプションにて、ClassNKのプロジェクト認証を取得する事も可能です。)

ClassNKプロジェクト認証のニーズ

小形風車における認証のニーズとは、現状で明らかな範囲では日本と英国(UK)におけるインセンティブ、(FIT制度)適用のための条件として設定されています。今後は小形風車においても、認証が金融機関からの事業融資の際や保険付保のための要求条件となっていくことが想定されます。

ClassNKプロジェクト認証

■プロジェクト認証の構成モジュール

<必須モジュール>
  1. サイト条件評価
  2. 設計基準評価
  3. 全体荷重解析
  4. サイト固有の風車(RNA)設計評価
  5. 支持構造物設計評価
  6. 風車(RNA)製造監督
  7. 支持構造物製造監督
  8. 輸送及び設置監督
  9. 試運転監督
  10. 最終評価
  11. 運転及び保守監督
<任意モジュール>
  1. その他の設備設計評価
  2. その他の設備製造監督
  3. プロジェクト特性計測
  4. 運転及び保守監督
構成モジュール

■現場立会

現場立会
  • 基礎部の配筋検査及びコンクリート打設、並びにタワー建て方への立会いを実施する。
  • 基礎工事については、日本建築学会または土木学会のコンクリート施工の基準に照らして、設計が施行で実現されている事を確認する。
  • タワー建て方については、風車メーカーの施工手順及び管理基準が実現されている事を確認する。

※地質調査は、スウェーデン式サウンディング(SS)試験では不認可になります。ボーリング調査が必須。

■施工風景

施工風景