システム設計

システム設計とは、立案から維持管理までを熟知してこそ、最良な設計が可能となります。
太陽光発電システム導入にあたってのそれぞれの作業手順に於いて、各工程内容は皆様が考えているよりも様々な法令や基準があり、これを尊守した設計は長期に渡っての安心・安全な発電事業を営む上で必衰条件です。

太陽光発電システムの手順及び各工程内容

手順

  1. 立案・企画
  2. 設計
  3. 発注・諸手続
  4. 施工
  5. 自主検査
  6. 使用開始
  7. 維持管理

各工程内容

<届出/関連官庁等>
立案企画
  • 導入目的:設置場所、設備規模、仕様
  • 現地調査、工程、予算案、経済性試算
  • 関係法令、支援策調査
  • 〇助成制度、税制支援制度
  • 〇関係法令調査
  • 〇所轄官庁へ事前相談
設計
  • 基本設計:設置条件、システム、発電量予想
  • 詳細設計:集電方式、保護方式、電気設備仕様、単線結線図、平面図、側面図
  • 工事計画届出書作成
  • 法令諸手続きの実施
  • 〇電力会社へ申込みと契約
    • ・電力受給契約
    • ・系統連系覚書
    • ・保安回線の確認等
発注・
諸手続
  • 仮設電源引込工事
  • 土木・電気工事
  • 主要機材発注
  • 関連法令諸手続き、設備認定申請手続き
  • 〇所轄官庁へ
    • ・保安規定届出(施工前に)
    • ・電気技術者選任届また、不選任承認届(1000kW未満)
    • ・工事計画届(着工30日以内・2000kW以上)
    • ・法定事業者検査要領使用前
    • ・設備認定届
  • 〇地域対応
    • ・建築物現場確認他
  • 〇安全管理審査の事前準備
施工
  • 杭打ち、基礎工事
  • アレイ架台組付け、モジュール据付、結線
  • PCS,連系設備据付、試験
自主検査
  • 使用前自主検査(合格)
  • 〇所轄:産業保安監督部
    • ・安全管理審査申請書(自主検査合格後1ヶ月程度)
    • ・審査手数料(収入印紙)
使用開始
  • 使用前安全管理審査
維持管理
  • 電気設備技術基準の維持
  • 保安管理維持(公衆安全・事故防止)
  • 〇所轄:産業保安監督部への報告事項等
    • ・定期報告:自家用発電所半期報告(1000kW以上)
    • ・電気事項報告他

*システム容量に因って手順は一部変わります。