O&M(オペレーション&メンテナンス)

従来の保守・点検は、電気事業法上の義務(50kW以上)の為に行われてきましたが、2017年4月1月改正FIT法の施行に発電設備としての安全性と継続的な発電を維持する為の保守・点検が義務化されます。
また、発電開始後(セカンダリー物件)の物件売買も活性化する事が予想され、物件自体の評価も重要となって来ます。弊社は、安全面の保守・点検だけでなく、資産(発電量)の維持管理・運用まで含めたO&Mを提案しております。

従来のO&M

竣工点検
太陽光発電(PV)システムを稼働する前に、設置に問題がないか確かめる点検業務です。
日常点検
目視や点検測定機器を使用し、発電に支障がない状態であるかどうかを日常的に点検します。
定期点検
定められた時期に(住宅用:年に1回 産業用:年に2回)目視や検査測定機器を使って、不具合がないか確認する点検です。
災害点検
火災や落雷、地震・台風などの自然災害による太陽光発電システムの異常および不具合を早期発見するために行う点検のことです。

資産維持管理のO&M

世界初、ダブルロボットメンテナンス

SKYCOMBINATION®PRO(スカイコンビネーション®プロ)は、太陽光発電施設において、ドローン(SKYSCAN®PRO)によるスーパードローン点検、およびロボット(SOLRIDER®)によるロボット清掃を、組み合わせてご提供する、出張型の発電最大化サービスです。
ご希望に応じ、各サービスを個別にてご提供する事も出来ます。
詳しくはこちら

資産拡大の新たな提案

APMの増設・追設・蓄電池ソリューション

上記のO&Mに因って今お持ちの発電所を分析し、陰の影響等に因る出力低下改善案や敷地内への増設、また隣接地への追設+蓄電池等の発電量大幅アップに繋がる新たソリューションの提案も行っています。
詳しくはこちら

APMの増設・追設・蓄電池ソリューション