コンストラクション

施工に関しては、長年培ってきたプラントエンジニアリングの技術を活かし、資産価値の有る太陽光発電設備を提供致します。また、システム設計の段階からインテグレーターと共に協議し、設置する地域の条件等を考慮し設計施工致します。
特殊地域条件に設置する時には、太陽光発電モジュール及び施工部材を含め、特殊な設置工法が必要となります。

特殊地域

積雪地域

高い積雪荷重に耐える太陽電池モジュール・架台の導入や太陽電池モジュール上の雪を確実に落雪する事が必要です。また落雪する雪が太陽電池モジュールの影にならない様にする必要があります。

寒冷地域

太陽電池モジュールや施工部材の隙間に入った水の結晶・融解が問題とならないような施工が必要です。
大型の金属カーテンウォールなどを使用する場合には、温度低下による収縮も確認する必要があります。

強風地域

高い風力荷重に耐える太陽電池モジュールと支持方法および施工部材が必要です。
風向きは一定でない事から、正面の耐荷重だけでなく裏面の風圧も考え引き抜き強度重要になります。

塩害地域

海岸に近い地域等、塩害の恐れのある地域への設置時には、材料の腐食や異種金属間の電食防止のために使用材料の材料変更等により、塩害地域に対応した太陽電池モジュールと施工部材が必要です。