パーム油ディーゼル発電所のメリット

4つのメリット

遊休地や荒地を有効に活用

これまで遊ばせていた土地を有効活用できます。住宅地以外の土地なら設置の可能性があります。お持ちの土地をバイオマス発電で有効な資産活用することができます。

電力不足解消・非常用電源の確保

24時間、連続売電が可能ですので、東日本大震災以降、原子力発電への安全性が懸念されている中、今後、非常事態時の緊急用電源として活用することができます。

環境メリットPR効果・CO2の削減

バイオマス発電は、カーボンニュートラルの考えにより地球温暖化防止はもとより、化石燃料の使用抑制等、環境保全に寄与します。企業のイメージアップ、地域社会や従業員の環境意識の向上にも有効です。

売買収入で利益獲得

設置されたバイオマス発電設備から発生する電力は24時間売電可能で全量買取制度により電力会社が20年間全て買い取られます。この制度により、利益を安定的に獲得することが可能です。

上記メリットのほか、環境省が勧める「カーボン・オフセット制度」によるCO2排出権による収入や、地域により補助金などの制度があり、国の制度によっては優遇税制等があります。